【全日本】諏訪魔 仙腸関節挫傷で3日の後楽園大会欠場

2020年01月03日 13時35分

欠場した諏訪魔(左)右は石川

 全日本プロレスの世界タッグ王者・諏訪魔(43)が「仙腸関節挫傷」のため、3日の後楽園大会を欠場した。

 諏訪魔は2日の後楽園大会で石川修司(44)との“暴走大巨人”でゼウス(38)、崔領二(39)組から同王座を奪還したばかり。東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」最優秀タッグ賞を史上初めて3年連続で獲得しており、幸先のいいスタートを切ったと思われたが、痛恨の負傷欠場となった。