「ジャイアント馬場20thメモリアル第3弾~全日本プロレスオールスター展~」28日から渋谷で開催

2019年12月19日 12時44分

故ジャイアント馬場さんの展示会が今年も開催される

 世界の16文として一時代を築いた不世出の名レスラー・故ジャイアント馬場さん(享年61)のメモリアルイベント第3弾「ジャイアント馬場20thメモリアル第3弾~全日本プロレスオールスター展~」が東京・渋谷区の東急百貨店本店3階イベントサロンで28日から来年1月7日まで開催される。

 展示会では全日本プロレス47年間の歴史が振り返られる。現在は封印された旧3冠ヘビー級王座、旧アジアタッグ王座、旧世界ジュニアヘビー級王座のベルトを公開。さらには過去に参戦した選手のコスチュームなどの展示、福袋や記念グッズを販売するほか、トークショーなどのイベントも開催する。入場は無料。

 展示協力者は、馬場さんのほか鉄人・小橋建太、元PWF会長の“不沈艦”ことスタン・ハンセン氏、PWF会長のドリー・ファンク・ジュニアとテリー・ファンク、元ノア社長の田上明氏、元全日本プロレス社長の武藤敬司、故人では“白覆面の魔王”ザ・デストロイヤーさん、ゲーリー・オブライトさん、ジャンボ鶴田さんなど豪華な顔ぶれが揃った。

 会場では1970年代から90年代までの全日本プロレスの名勝負を上映。特別福袋として馬場さんが私生活で愛用した革靴が入った「ジャイアント馬場・伝説の32文ロケット砲福袋」が5点限定の3万2000円で発売される。またかつて販売されたレトログッズの詰め合わせとなる「全日本プロレスクラシックグッズ福袋」は、10点限定2万円で販売される。

 開催を記念して28日に東急本店7階(MARUZEN&ジュンク堂書店)特設スペースで渕正信、和田京平名誉レフェリー、木原文人リングアナウンサーが、1月3日には川田利明と野村直矢がトークショーを開催する。いずれも料金は4000円。

 展示会は第1弾(昨年12月29日~1月7日東急本店)、第2弾(8月1~11日さっぽろ東急百貨店)に続く開催となり、第1回は1万人を超える大盛況となっている。プロレスファン必見のイベントだ。

【関連記事】