【全日本】諏訪魔 新たな合体技で世界タッグV2誓う

2019年06月27日 20時56分

世界タッグV2を誓った諏訪魔

 全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(42)が27日、世界タッグ王座のV2を誓った。

 石川修司(43)との王者コンビで、30日の東京・後楽園ホール大会ではパロウ(37)、オディンソン(29)組の挑戦を受ける。ジョー・ドーリング、ディラン・ジェイムス組を退けた2日のV1戦に続き、強豪外国人コンビとの防衛戦が続くが「俺らこそ歴史に名を刻むタッグチームを目指している。そう簡単には勝たせねえよ」と強気の言葉を口にした。

 挑戦者コンビには昨年の世界最強タッグ決定リーグ戦で勝利したが、「コンビネーション、完成度が上がっている」と分析。警戒は怠らない。何より王者コンビも進化を遂げており、V2戦に向けて新たな合体技の開発にも成功したとか。「かける方にもリスクがある。もろ刃の剣。俺も石川選手もそこまでして勝ちたいってことだよ」と語り決戦に集中した。