青木篤志さん急死 全日プロの公式サイトはつながりにくい状態に

2019年06月04日 10時16分

ジュニアで大活躍した

 全日本プロレスの世界ジュニア王者・青木篤志さん(41)が急死したことが4日、分かった。

 青木さんは3日午後10時半ごろ、東京・千代田区の首都高速道路のトンネル内で交通事故に遭ったもよう。青木さんと運転していたとみられるバイクが倒れており、搬送先の病院で死亡した。

 歴史あるタイトルの第51代王者だった青木さん。18日に佐藤光留(38)との初防衛戦(後楽園ホール)を控えていた矢先の訃報だった。

 所属する全日プロの公式サイトには一報の直後から、情報を求めるファンのアクセスが殺到し「このサイトにアクセスできません」との表示とともに、つながりにくい状態となった。