【全日本】諏訪魔、石川組の世界タッグV1戦が決定

2019年05月15日 16時30分

諏訪魔(左)&石川組

 全日本プロレスは14日、6月2日の兵庫・神戸サンボーホール大会で世界タッグ選手権を開催すると発表。王者の“暴走大巨人”こと諏訪魔(42)、石川修司(43)組にジョー・ドーリング(37)、ディラン・ジェイムス(27)組の挑戦が決まった。王者組には初防衛戦となる。

 4月の「チャンピオン・カーニバル」で石川を破り、11日の沖縄大会ではタッグ戦で諏訪魔に勝利したディランが挑戦を訴えていた。両チームは1月2日後楽園大会の同王座戦でも激突し、王者の諏訪魔組が勝利している。