【全日本】宮原が新日本・棚橋との対戦熱望! 2・19馬場さん追善興行メインで

2018年12月20日 16時30分

インスタ映えスポットで熱い思いを語った宮原

 夢のカードがいよいよ動き出した。全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・宮原健斗(29)が19日、「ジャイアント馬場没20年追善興行」(来年2月19日、東京・両国国技館)で新日本プロレスのG1クライマックス覇者・棚橋弘至(42)との対戦を熱望していることを本紙に明かした。“平成最後のオールスター戦”を舞台に、両団体エースによる頂上決戦が実現しそうだ。

「馬場さんの追善興行ではあるけれど、オールスター戦というかお祭りですよね。ならば最高に面白い試合、ファンの皆さんが見たい戦いをしたい。自分がそのレベルに達しているのであれば、戦いたい相手がいます」

 宮原は慎重に言葉を選びながらも、意を決した表情で口にした。ズバリ、棚橋との初対決だ。

 これまでほとんど接点がなかった両雄は同大会への出場が決定しているものの、カードは未定の状態。機先を制して宮原が対戦を熱望した格好となる。大会実行委員会はその意思を尊重する方針で、メインが夢対決の舞台となる見込みだ。

「他団体の同世代の選手には、ライバル心しかない。でも棚橋さんは特別な存在。リスペクトする気持ちしかない」と宮原は胸中を明かした。今夏のG1を制した棚橋は東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」で4度目のMVPに輝いたばかり。

 一方の宮原はプロレス大賞では無冠に終わったが、10月に3冠王座を奪還して心身ともに充実期に入った。今ならばお互いに最高の状態で戦いに臨むことができる。

 実質的なオールスター戦は「ALL TOGETHER」(11年8月27日=日本武道館、12年2月19日=仙台)以来となる。棚橋はいずれもメインに出場しているが、武道館大会のみの参戦だった宮原は「まだデビュー3年目だったので、バトルロイヤル(デストロイヤー杯)でしたね」と振り返る。だからこそ今、成長した姿を棚橋に見せる必要もある。

 もちろん、3冠王者としてやるべきこともある。来年1月3日の東京・後楽園ホール大会で控えるKAI(35)との初防衛戦突破を誓った上で「まずは最多防衛記録(川田利明のV10)更新。これは夢とかじゃなくてマストです」との決意も抱いている。「2019年、全日本プロレスを新たな高みに引き上げます」。歴史的遭遇を機に次なるステージへと向かう。