【全日本】ヨシタツが王道T1回戦で盟友・宮原撃破に自信

2018年09月12日 16時30分

ヨシタツ

 全日本プロレス「王道トーナメント」(15日、新潟・三条市厚生福祉会館で開幕)に臨むヨシタツ(41)が11日、前3冠ヘビー級王者の宮原健斗(29)撃破に自信をのぞかせた。

 世界タッグ王者にも君臨した「ヨシケンコンビ」が1回戦(15日)で直接対決する。今大会屈指の注目カードに向け「自信はある。なぜなら僕は彼を知り抜いているから」と不気味な笑みを浮かべた。コンビを組んで約1年。最高男の強みも弱みも全てインプットされているからだ。

「健斗の何がすごいのか、逆にどこが弱点なのか。今ここで明かすとバレちゃうから言えませんけどね。僕は全日本で一番、宮原健斗という男を知り抜いているという自負はあります。攻撃パターンはもちろん、ペース配分とかもね」

 必殺のブラックアウトやシャットダウンスープレックスホールドに入るタイミングはもちろんのこと、それを防ぐディフェンス技術も備えていることを示唆する。

 さらには「彼のペースを乱すことは重要になるでしょうね」とニヤリ。宮原は2~3分かけて入場し、場内と自身のテンションをMAXにしてからリングインする。もし入場時、あるいは控室で襲撃して出足を狂わせることができれば…勝機は倍以上に膨らむだろう。

「1回戦を突破できれば優勝決定戦(24日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)まで一気に行けると思う。今年は優勝します」。盟友を踏み台に王道の頂点に立つ。