【全日CC】丸藤が秋山との5年4か月ぶりの対決制しV決定戦へ

2018年04月26日 00時00分

虎王で秋山(手前)を沈めた丸藤

 全日本プロレス春の祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」は25日の東京・後楽園ホール大会で、Bブロック最終公式戦を行い、初出場の天才・丸藤正道(38=ノア)が秋山準(48)との5年4か月ぶりの再会マッチを制し、優勝決定戦(30日、後楽園)進出を決めた。

 試合前の時点で勝ち点8の首位に4人(丸藤、秋山、諏訪魔、ゼウス)が並ぶ中、試合順にゼウスと諏訪魔がそれぞれ敗北。今年のCC随一の注目カードとなる丸藤VS秋山が、Bブロック突破を懸けた一戦になった。

 入場時から最高潮に達した会場のボルテージとは対照的に、静かな立ち上がりだった。2人の対戦は秋山のノアラストマッチとなった2012年12月23日の有明大会以来。まるで空白の5年4か月を確かめるようだった。

 試合が動いたのは4分過ぎ。丸藤の顔面蹴りで火がついた秋山は冷酷モードに突入。場外での脳天杭打ちに、マットに顔面から叩きつけるなどエグい攻撃が続いた。

 さらに長時間のフロントネックロックで丸藤を締め上げた。あの時のことがよみがえる。最後の一騎打ちで丸藤が敗れた技だった。それでも丸藤はこれを耐え抜くと、18分過ぎから一気に反撃へ。必殺の虎王を連発すると、最後はヒザのサポーターを外し、この試合10発目を浴びせて勝利した。

 試合後は秋山と無言のグータッチを交わすと「強くて怖かった。しっかり優勝しないと、この勝ちも意味がない。風は俺に吹いている。秋山準、いや秋山さん、ありがとう」と語った丸藤が、初出場での初優勝に王手をかけた。

 秋山の話「勝ち逃げできなかったよ…」