奥田啓介がIGF退団「はぐれてやる!」とはぐれIGFインターへ

2018年03月20日 21時20分

「はぐれIGFインター」のTシャツを持つ奥田(右)

 複雑すぎる紆余曲折を経て、事実上の「一人IGF」となっていた奥田啓介(26)が20日、ついに退団した。

 奥田はこの日、IGFから派生した中国を拠点とする団体「東方英雄伝」の国内第2弾大会(後楽園ホール)のタッグ戦に出場。かねて予告していた通り、パートナーの定アキラのほか、白覆面2人を投入した。

 試合は奥田組が白覆面を使って林棟軒(21)、常剣鋒(25)の“東方生え抜きコンビ”をじゅうりんする展開に…。奥田組のセコンドについていた青木真也(34)が試合中に「これ、ひどいね」と思わずつぶやくほどの展開だ。試合は終盤になって奥田の攻撃が味方に誤爆したことをきっかけに流れが一変。林棟軒が定をフロッグスプラッシュで沈めた。

 しかし、本当のサプライズが起きたのは試合後だった。青木が突如、自身も所属する「はぐれIGFインター」のTシャツを奥田に手渡し、奥田の腕を上げたのだ。これでスイッチが入ったのか、奥田は「なんでこんなつまらねえ試合をさせられなきゃなんねえんだ!」と絶叫。さらに「何が東方だ。ふざけんな。今日でIGFは退団だ! はぐれてやる! そういうことですよね、青木さん!」と握手を求めた。

 しかし青木は「いや、オレには(はぐれ軍では)なんの権限もないから」とまさかの拒否。奥田は「え…」と凍りついたが、もう後戻りができない状況なので退団となった。