石川が朝までカラオケを反省

2018年03月19日 16時30分

 DDTのKO―D無差別級王者・竹下幸之介(22)との最後の前哨戦に敗れた石川修司(42)は「朝の4時までカラオケボックスで歌の練習をしていた。今日は試合が昼(試合開始午後1時)だったから眠くて…油断した」と反省しきりだった。王者に「音痴」と呼ばれたことが、かなりショックだった様子。それでも「両国は体調もノドもベストでいく。完勝して歌いたいと思います」とベルト奪取後の独演会開催に意欲満々だった。