【IGF】奥田が「東方英雄伝」の破壊を予告

2018年03月13日 16時30分

破壊を予告した奥田

 IGFの奥田啓介(26)が12日、「東方英雄伝」(20日、東京・後楽園ホール)の破壊を予告した。

 IGFから派生した中国を拠点とする団体「東方英雄伝」は、20日の国内第2弾大会開催こそ決まったものの、カード発表はいまだに行われておらず中身はベールに包まれたままだ。そんな謎すぎる大会で、ポスターに写真が掲載されていることから出場が確実視されていた奥田は、本紙記者を都内某所に緊急招集。出場を明言した上で「何が東方英雄伝だよ、全く…。最近IGFは中国ばっかりでつまんねーな。ハッキリ言って面白くねえんだよ」と毒づいた。

 あまりに複雑な経緯を経て事実上の「1人IGF」となった奥田だけに、やさぐれるのも当然だが…。あろうことか「つまんねえから、東方の中国人選手を相手にウサ晴らししてやる。『あの方』から白覆面も託されてんだ。楽しみにしてろよ。ヒーヒッヒヒ」とどこかで聞いたような不気味な笑い声を上げながら姿を消した。

 20日の後楽園大会で何かしらのアクションを起こすことは間違いないものの、奥田は何をたくらんでいるのか。たった一人になったとはいえ、やはりIGFは「お騒がせ団体」であり続ける。