【リアルジャパン】平井代表が号泣披露宴「佐山先生と出会えたことが…」

2018年02月13日 16時30分

藤波辰爾(左)の祝福を受ける平井代表(中)と愛夫人

 初代タイガーマスク(60)率いるリアルジャパンプロレスの平井丈雅代表(53)と夫人・愛さんの結婚披露宴が12日、東京・千代田区の帝国ホテルで行われ、プロレス関係者ら約300人が列席した。

 昨年6月11日に入籍した2人の門出を祝うため、ドラディションの藤波辰爾(64)、新日本プロレスのミスター・永田裕志(49)や元関脇貴闘力(50)らが勢揃い。因縁の邪道・大仁田厚(60)からもお祝いのビデオメッセージが送られた。

 媒酌人は新日本プロレス時代に“過激な仕掛け人”の異名を取った新間寿氏(82)が務め、祝辞のあいさつに立った初代虎は「平井さんとは『50歳までに結婚しよう』と話していたけど、(愛夫人は結婚が)遅れただけのことがある方。今までの女性の中で…あっ!」と一瞬、会場を凍りつかせながらも「我々の目標はもっと高いところなので、これからの活躍にかかっています」とエールを送った。平井代表は「佐山先生(初代虎)と出会えたことが、自分の人生をかけがえのないものにしてくれました」と号泣しながら感謝の言葉を述べていた。