• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 猪木キューバ興行開催ダーッ!!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猪木キューバ興行開催ダーッ!!


 IGF総帥・アントニオ猪木(69)が、今秋にも初のキューバ興行を開催する計画を明かした。すでに在日大使館と交渉を重ねており、猪木は「ウチでやってるスタイルなら問題ない」とGOサイン。昨年12月、約28年ぶりにパキスタンを熱狂させた燃える闘魂が、今度はキューバ大会成功に全精力を注ぐ。

 

 猪木は悲願のキューバ大会について「もうスポンサーもついているし、テレビ局も本腰を入れてきた。(開催は)秋口ですかね。ちょっと長期滞在になるからそこの時間をどうするか」と話し、興行のメドが立ったことを明かした。

 

 猪木は参議院議員時代の1990年にフィデル・カストロ前議長と親交を温め、同国と友好関係を築いた。猪木がトレードマークの葉巻を吸い始めたのはフィデル氏の影響だ。昨年7月には売名王・澤田敦士の協力もあり、ロンドン五輪キューバ柔道男子代表チームを日本に招聘。猪木はフィデル氏の弟ラウル・カストロ議長から友好勲章を贈呈された。

 

 大会の構想自体は以前から持っていたものの、莫大な資金が必要となるため具現化していなかった。しかし、今年に入り交渉に進展が見られ、民間レベルではなく国を挙げて支援する姿勢を示してきたという。

 

 社会主義国家のキューバは野球やレスリングなどアマチュアスポーツが盛んな国だ。プロレス開催となれば初の快挙となる。「中国も認識が変わってきてる。ウチでやってるプロレスなら問題ない。(キューバでは)米国は受け入れないだろうけど、日本人は中立的」と追い風も吹く。

 

 課題は意外にも同国における猪木自身の知名度の低さだという。「要人はみんな知ってるけど、一般の人は知らないからね。アリ戦のビデオとか流して前宣伝しなきゃいけない」。昨年12月パキスタン大会を成功させた猪木だが、その背景には日本人随一とされる圧倒的人気があった。猪木もプロモーションの重要さを唱える。

 

 実現すれば23年ぶりの訪問となるカリブ海の神秘の島国で、猪木が新たな伝説を作る。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!