• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 実録!我闘雲舞リングのないプロレス

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実録!我闘雲舞リングのないプロレス


 さくらえみ率いる我闘雲舞が1月27日、東京・市ヶ谷の市ヶ谷チョコレート広場(旧称・南海記念診療所)で「Gatoh-Move Japan Tour.19」を開催した。会場は練習を行う一室。だが、プロレスにあるはずのリングがない。リング、ロープ、客席もなく、マットが敷かれただけの“道場マッチ”が常に満員札止めだという。我闘雲舞の「リングのないプロレス」に焦点を当てる──。

 開場直前の練習場。マットの回りに丸椅子が置かれ、窓は外される。この日はDDTのアントーニオ本多、星誕期らの参戦もあり、観客は室外にもあふれた(主催者発表は70人オーバー)。窓際にも丸椅子が設置されたのだ。「リングより狭いスペース」(さくらえみ)で行われたのは、さくらと練習生(小鳥=14歳)のエキシビションマッチを含め全4試合(米山香織vs 趙雲子龍、マサ高梨&山田太郎 vs アントーニオ本多&星誕期、さくらえみ&帯広さやか vs 松本浩代&里歩)。

 マット周辺には観客。マットからはみ出せは“ロープブレーク”扱いになる。攻撃を受け客席に突っ込むシーンはお約束。ロープはなくとも窓からの空中殺法は何度も飛び出す。観客の丸椅子を拝借しての跳びワザもありだ。米山は入場シーンで入り口から現れず、窓から入場という奇襲をかけた。

 室外も戦場となる。窓から飛び出したレスラーは敷地内の通路で観客に交じりながらの場外バトルを繰り広げる。「リングのないプロレス」は、肉弾戦、汗、音を目の前で体感できる「身近すぎるプロレス空間」だった。
YouTube Preview Image
 試合後は、観客にお茶が振る舞われ参戦レスラー全員が車座になっての“ファンミーティング”。この日の昼の試合で、JWPを退団した米山香織(フリー)は、「今後もよろしくおねがいします」と決意表明。だが、さくらは「いや!ファンが求めるのは決着。引き分けするレスラーはいらない」と、拒絶宣告。会場全体がどよめく中、好アシストをみせたのが練習生ことり(14)だ。

「自分もさくらさんと引き分けました(3分のエキシビションマッチ)」

 これを聞いたさくらは「ん〜、よく戦った」と、米山との共闘路線に変心。米山は「ありがとう!ことりちゃん」と満面の笑みを見せた。この後、2月9日の板橋大会のカードが発表された。受験のため“一時休業”となる里歩のパートナーとしてDDTのシングル2冠王ケニー・オメガが参戦することが決まった。さくらは「マット界にシンガーソングライターは2人いらない」と立ち上がったアントーニオ本多との一騎打ちになる。2・9板橋大会もリングなしのスタイル。DDTの王者はどのような戦いを見せるのか。

DDTシングル2冠王ケニー・オメガ、アントーニオ本多が我闘雲舞2・9板橋大会に参戦

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!