嘉洋 2・22SBで早くも再起戦

2013年01月30日 16時00分

 シュートボクシング2・22東京・後楽園ホール大会で、佐藤嘉洋(32)VSヘンリー・オプスタル(23)の一騎打ちが行われることが27日、緊急決定した。

 

 Krush26日の後楽園大会で健太にまさかの判定負けを喫した佐藤が、ショックを振り払って早期再起戦に臨む。オプスタルはアンディ・サワーの愛弟子で昨年のS―cup準優勝の強豪だ。「うっかり格闘技人生最大の逆境に立たされてる」と危機感を募らせる佐藤にとっては危険な相手だが、落ち込んでいる時間はない。「あえて厳しい環境に自分を追い込んでしまえということで今、日本で猛威を振るう『日本人キラー』退治に本気で乗り出すことにしました」と悲壮な決意を明かした。

 

 日本人に6連勝中のオプスタルは「これで勝ったら、もう日本人はいいだろう。サワーに代わってボクがSBのエースになる」と佐藤戦勝利を条件に対日本人卒業を宣言。「日本人の本当の強さを思い知らせてやりたい」と最後のとりでに名乗りを上げた佐藤は、汚名返上を果たせるか。