蝶野正洋 諏訪魔と合体し新軍団

2013年01月27日 16時00分

 全日プロの公式アドバイザー・蝶野正洋が諏訪魔、ジョー・ドーリングと強力ユニットを結成。蝶野を中心とする新軍団が誕生した。

 

 26日の全日本プロレス東京・大田区総合体育館大会で蝶野は独断決定したトリオで大森隆男、浜亮太、中之上靖文組と対戦。ただ、やはり諏訪魔らとの連係は図れず、差し出した手を振り払われた。同じコーナーに立ちながら、試合は蝶野と諏訪魔&ドーリングで別チームのごとく進んでいく。蝶野はケンカキックやSTFで中之上を追い込む。諏訪魔は蝶野の背中を叩いて試合の権利を勝手に奪い、中之上を必殺のラストライドで沈めた。

 

 またもや物別れに終わるのか…。諏訪魔にラブコールを無視され続けた蝶野は「全日本を変えるんだろ! ベルトも狙うんだろ? コイツしかいねえんだ。生粋の全日本。そして日本、世界を相手にできるプロレスラーは。諏訪魔だろ!!」と絶叫。すると、諏訪魔も差し出された拳を突き合わせ、ついにドーリングとともに共闘に合意した。

 

 圧倒的パワーを誇る諏訪魔&ドーリングに、黒いカリスマの頭脳が加わる“蝶野軍”。全日マットで猛威をふるいそうだ。