ロック様屈辱…流血の大醜態

2013年01月26日 16時00分

【カリフォルニア州サンノゼ発】WWEロウ大会が21日(日本時間22日)、当地のエイチ・ピー・パビリオンで行われ、PPV「ロイヤルランブル」(27日、アリゾナ州フェニックス)でWWE王者のCMパンクに挑戦するザ・ロックが大醜態をさらした。

 

 ポール・ヘイマンらによってこの日の会場への立ち入りを禁止されていたロックだったが、地元警察官からチケットを受け取ると難なく入場に成功。リング上に乱入すると特別ボックス席に陣取るパンクに対し「お前が歴史的なチャンピオンで世界最高だというのは十分承知だ。だがそれも今夜で終わり。10年待ったこのチャンスにもう一度チャンピオンになる夢をかなえる。ロック様の妙技をたっぷりと味わうがいい」と宣戦布告した。

 

 ところがその直後に会場が暗転。ロックは悪の軍団ザ・シールドに3人掛かりで襲撃を受け、トリプルパワーボムを食らい口から流血してしまった。あざ笑うパンクにはビンス・マクマホン代表が「ロイヤルランブルでシールドを介入させた場合はタイトル剥奪」と通告したが、ロックにとっては屈辱の一日となった。