3・3UFC シウバ「日本から返り咲く」

2013年01月26日 16時00分

「UFC JAPAN2013」(3月3日、さいたまスーパーアリーナ)で、2006年以来、約7年ぶりに“日本凱旋”参戦する元PRIDEミドル級王者のヴァンダレイ・シウバ(36)がブライアン・スタン(32)と激突する。

 

「日本で試合をして勝つことがひとつの夢。日本は素晴らしいモチベーションになっている。またトップクラスに返り咲くチャンスだと思う」。オクタゴンではなかなか結果を出せないシウバだが、慣れ親しんだ日本で反撃のノロシを上げる決意で「爪先足立ちでずっと動き続ける」と“戦慄のヒザ小僧”復活を誓った。

 

 昨年の日本大会でまさかのKO負けを喫した日本のエース・岡見勇信(31)は「今回は自分の力をすべて出して最高の勝利を飾りたい」と宣言。昨年12月のUFC155で判定勝ちを収めているが、母国で雪辱を果たさなければ次に進めない。ヘクター・ロンバート(34)と対戦するが「日本で試合をするのは特別なこと。この場所で勝つことが自分の責任」と岡見は悲壮感すら漂わせた。

 

 ディエゴ・サンチェス(31)を迎撃する五味隆典(34)は「これぞUFCの中量級という試合を見せる」とキッパリ。なお試合開始は昨年同様、午前10時となる。