潮﨑は3冠、鼓太郎はジュニア照準

2013年01月25日 10時30分

 秋山だけじゃない。全日本プロレス参戦が決まったバーニングのメンバーは新たな船出へ向けてそれぞれの誓いを立てた。潮﨑は秋山の要請を「もちろん」と即諾し、世界タッグ王座奪取を最初の標的に定めた。

 潮﨑は「全日本に行くということは3冠を狙うのが普通のことだと思う。ただ、結果を出さないことにはね。GET WILDは会見とかもハチャメチャで面白いし、興味がある相手」と断言した。

 究極目標は3冠ヘビー級王座。潮﨑は挑戦権を得るためにも、実績作りを最優先とする。3冠へのステップとして王者の大森隆男、征矢学組を踏み台にする考えだ。

 また、諏訪魔とは昨年6月に壮絶なケンカマッチを繰り広げ、因縁を残したまま。「中途半端に終わってる。そこに行くためにも結果が必要」と危険な再戦にも意欲をみせた。

 さらに、GHCジュニアで一時代を築いた鼓太郎は、青木とのコンビはアジアタッグ王座(現王者は田中稔、金本浩二組)奪取と世界ジュニア王者・近藤修司へのリベンジを視野に入れる。退団発表時に生まれた引退疑惑を秋山に蒸し返された金丸は「引退しない!引退しない!」と連呼しながらも世界ジュニア取りを宣言した。

 ついに動き出した強力布陣の秋山バーニング軍。史上最強の外敵として全日マットの全王座を奪い尽くす覚悟だ。

 

全日参戦!秋山「小橋さんの魂を継承」