• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > TARU 批判覚悟のプロレス復帰

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TARU 批判覚悟のプロレス復帰


 無期限活動自粛していたTARU(48)が21日、都内で担当弁護士とともに会見を行い、復帰を宣言した。TARUは2011年5月29日、全日プロ・神戸大会の試合前に控室で平井伸和選手(43)を殴打。平井選手は「急性硬膜下血腫」と診断され、開頭手術を受けた。TARUは同年11月に兵庫県警葺合署に傷害容疑で逮捕されたが、「警察と検察も責任をTARUに問うことはできない」(同弁護士)。翌12月に暴行罪で罰金30万円の略式命令が下りた。

 平井選手の容体が急変した直接的な原因について、TARUは「いろんなものが重なったと思う」と推測。試合のダメージの蓄積や食生活の乱れを例に挙げた上で「医師も警察も判断しづらかったと思う。僕が殴ったことで可能性がないとも言えない。聞かされたのは、どれが原因でもないと」と話した。

 TARUは「平井がプロレス界に戻ってこれるように存続させていく」と自身の活動再開とヒール軍団「ブードゥー・マーダーズ」の復活を表明した。すでに平井選手の代理人や全日プロには復帰の意思を伝えたという。

 新たな主戦場をダイヤモンドリングとし、2・11後楽園ホール大会に乗り込む意向。TARUは「早く元気になってほしいし、いつまでも下を向いても仕方ない。人からブーブー言われるのも仕事」と批判も覚悟している。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!