新日CMLL合同興行 来年は地方も

2013年01月21日 16時00分

 メキシコCMLLとの合同興行「FANTASTICA MANIA」が20日にフィナーレを迎えた。

 

 3年目を迎えた同大会は今年、初の試みとなる後楽園3連戦の形式で開催され、最終戦も1950人満員の観客を集めた。2日目の19日にはIWGPインターコンチネンタル王者の中邑真輔がラ・ソンブラの挑戦を撃破しV5に成功。この日もメキシコの王座戦が2試合行われ、ハイレベルのルチャ・リブレが展開された。また全大会に参戦したIWGP王者・棚橋弘至もメキシコ遠征時代のフェースペイントを施し試合に出場するなど、会場を盛り上げた。

 

 新日プロの菅林直樹社長は「3連戦でしたが、数字(観客動員)的にも内容的にも成功だったと思う。来年はできれば名古屋や大阪などでツアーを組んでみたいですね」と地方開催にも意欲を見せた。ルチャの祭典は、新たな名物シリーズとなりそうだ。