吉江「CC優勝で離婚危機乗り越える」

2013年01月20日 11時32分

 今日20日の全日本プロレス群馬・前橋大会で約9か月ぶりに復帰する吉江豊が19日、春の祭典「チャンピオン・カーニバル」(CC)で優勝し、離婚危機を乗り越えることを宣言した。

 吉江は昨年4月、CCの最中に「左足腓骨骨折と靭帯損傷」により戦線離脱。当初は全治6か月と診断され、年末の世界最強タッグリーグ戦での復活を計画していたものの「骨のくっつきが悪かった」(吉江)ため、大幅に遅れてしまった。

 フリーの吉江にとって長期欠場は致命傷。しかも足を骨折しただけに動くのもままならず、吉江は食っちゃ寝食っちゃ寝の怠慢生活を余儀なくされた。ただでさえ食費がバカにならない上、無収入となり、瞬く間に家計は火の車…。献身的なサポートぶりで知られる美奈夫人からも「早く復帰しなさいよ。じゃないと私が夜の街で働かなきゃいけなくなるでしょ!」と詰め寄られ、離婚危機に直面していたという。

 名誉挽回を誓う吉江は「CCは途中で終わっている。今度こそ優勝して賞金を家庭に入れますよ」と悲壮な覚悟を表明。「今は欠場前と変わらないトレーニングができている」と体調は問題ないだけに、まずは地元凱旋となる前橋大会で健在ぶりをアピールする。