永田裕志 デビュー25周年・東金大会で盟友・中西学に激勝

2017年10月22日 00時00分

中西(左)に延髄斬りを見舞う永田

 新日本プロレスの“ミスター”こと永田裕志(49)がデビュー25周年興行「Blue Justice VII」(21日、千葉・東金アリーナ)で、同期の中西学(50)とシングル戦で激突した。

 この日は自身の記念大会ということもあり、大会開始に先立ちマイクを持つと「厳しい戦いになると思うが、来てくださったお客様が満足して帰れるような、とてつもない試合をしたいです!」と宣言して大歓声を浴びた。その宣言通り、盟友・中西とのシングル戦で“とてつもない”戦いとなった。

 中西がベテランとは思えないパワーファイトを展開すれば、永田はこれに打撃で応戦。両者ともに満員の東金アリーナに反響するほどの雄たけびを上げながら、意地をぶつけ合った。中盤以降、野人がトップロープから雪崩式ブレーンバスターなどの大技を連発。ミスターはギリギリまで追い詰められた。

 しかし、地元の大声援を受けた永田は不屈の闘志で立ち上がると「お返しだ」とつぶやいてから雪崩式エクスプロイダーで反撃。白目式腕固めも決めるなど一歩も譲らなかった。そして、最後は蹴りの連打から垂直落下式ブレーンバスターへとつなぎ、必殺のリストクラッチ式エクスプロイダーでとどめを刺した。

 試合後、本紙から記念パネルを贈られた永田は、仲間に囲まれながら「プロレス生活25周年の節目の年に、東金の地で中西選手と殴り合えて幸せでした」と絶叫。50歳になる来年に向けて「東金で生誕祭をやりたいと思います」とぶち上げた。