• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > 【ノア】杉浦貴10・28復帰 引退危機乗り越えた4か月間の険しい道のり

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア】杉浦貴10・28復帰 引退危機乗り越えた4か月間の険しい道のり


復帰を発表した杉浦(右)

 一時は引退も考えた――。プロレス団体のノアは18日、心房細動治療のため欠場していた元GHCヘビー級王者の杉浦貴(47)が28日の東京・後楽園ホール大会から復帰すると発表した。

 杉浦は不整脈を患い6月から欠場。7月14日にカテーテル手術を受けた。同下旬に退院後はすぐにトレーニングを再開。今月14日に定期検診を受けた結果「ホルダーを着用して24時間心電図をチェック、造影剤を入れてのMRIなどの検査を受けました。異常なしで不整脈も治まっていました。今後は投薬の必要もないとのことで、試合の許可が(医師から)出ました」(杉浦)との結論に至った。

 約4か月ぶりの復帰戦。順調な回復に見えるが、道のりは険しかった。手術から1か月後の8月下旬、定期検診を受けると、医師から「また不整脈が出ている。もう一度、手術しなければならない可能性もある」と告げられた。もともと練習熱心な男。復帰を急ぐあまり、術後の肉体に過度の負荷を与えていたのだ。

「さすがに目の前が真っ暗になった。体を動かさずにもう一度、入院生活に耐えられるかといえば自信がなかった。しかも手術してたった1か月でしょ。将来のことを考えても、ここで(レスラー生活を)諦めたほうがいいのかとも思った…」

 しかも9月にはかつてのタッグパートナー、“帝王”こと高山善廣(51)が「頸髄完全損傷」の重傷だったことが明らかになり、世間的にも大きな衝撃を与えた。心臓に毛が生えている杉浦でも、真剣に将来のことを考えざるを得なくなったのだろう。その後は検査の数値を見ながら、練習の量を増減させた。慎重なコンディション調整の結果、ようやく医師から復帰へのGOサインが出た。2010年から血圧の投薬治療を続けていただけに、薬を飲まなくてもいいという安心感は何物にも代えがたい。

「少しずつエンジンをかけていく」と杉浦。頼れる男が帰ってきた。

【編集部のおすすめ】

【新着記事】



【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!