藤波親子が一日署長

2017年09月23日 16時30分

一日署長を務めた藤波(右)とLEONAの飛龍親子

 藤波辰爾(63)とLEONA(24)の飛龍親子が22日、神奈川・川崎の幸警察署で一日警察署長を務めた。

「秋の全国交通安全運動」の一環で任命された2人は、幸市民館で高齢者を対象に行われたイベントで安全意識の向上を訴えるなど精力的に活動。仕事を終え、石垣吉雄署長(59)から感謝状を贈られると藤波は「大役を任せてもらって光栄でした。自分自身もハンドルを握る身として気をつけたい」と笑顔を見せた。

 一方、LEONAは「署長になったからにはフェアな戦いをしていきたい」ときっぱり。そんな息子を父は頼もしげに見つめつつ、期待される親子の直接対決について「いずれ、良きところがきたら彼(LEONA)のほうから挑戦される気がしている」と話した。

 この言葉に息子は「ボク自身が父に挑んでいく自信をつけないといけないし、さらにその対決をファンが望んでくれるタイミングをボクがつくらないといけない」と強い口調で語った。

 藤波とLEONAはドラディションの10月27日東京・後楽園ホール大会と同29日大阪南港ATCホール大会に出場する。藤波は「ノアやゼロワンに出場して彼がどれだけ成長しているかチェックしたい」と“公開査定”の場とすることも宣言。LEONAとしてはここで“武者修行”の成果を見せて、親子対決実現に前進したいところだ。