【超戦闘プロレスFMW】爆破戦勝利の大仁田が乱入予告 カシン&藤田と直談判へ

2017年09月21日 22時57分

NOSAWA論外にパイプイスを振り下ろす大仁田

 21日の超戦闘プロレスFMW新木場大会で、邪道・大仁田厚(59)がNOSAWA論外(40)との電流爆破バットデスマッチで勝利した。

 互いに1発ずつ被弾させると、大仁田は公認凶器として用意された15脚のパイプイスで相手の脳天を打ち抜く。最後はこの試合6発目のサンダーファイヤーパワーボムでトドメを刺した。

 試合後はNOSAWAから「27日の東京愚連隊興行(東京・新宿フェイス)にケンドー・カシンが来るから、あいさつに来い! カシンが誰を連れてくるって? 藤田和之だよ!」と通告された。

 大仁田は引退試合(10月31日、大仁田興行後楽園ホール大会)の相手が藤田和之(46)に決定したと強行発表したが、いまだ藤田サイドから明確な返答がない状態。大仁田も「27日、調印の紙を持って乱入しようと思います」と返答し、いよいよ野獣の代理人を務めるカシンとの“最終交渉”の場が設けられそうだ。