Krush67キロ以下 初代王者に久保

2013年01月15日 16時00分

 Krush14日の東京・国立代々木競技場第二体育館大会で、67キロ以下級王者決定トーナメントが行われ、久保優太(25)が初代王座に就いた。

 

 1回戦をKO、準決勝も危なげなく判定勝ちを収めて決勝に進出した久保。相手は昨年6月に判定で下したモロッコの悪童ことアブデラ・エズビリ(26)だ。2010年11月から連勝街道をひた走ってきた久保だけに、圧勝しても不思議ではなかった。

 

 ところが、3Rでも決着がつかず、最大2Rの延長戦に突入。その1R目では蓄積した左足のダメージで足が止まる。それでも延長最終R、久保は最後の力を振り絞って右フックやストレートを顔面やボディーに炸裂。判定3―0で退け、連勝記録を「14」に伸ばすとともにベルトを手にした。久保は対世界をテーマに掲げ「僕も子供たちに夢を与えられるようになりたい」とポスト・魔裟斗に名乗りを上げた。