【ドラゴンゲート】47歳・望月成晃「おっさんの俺がYAMATO倒す」

2017年09月06日 16時30分

ビッグR清水(下)を腕固めに捕える望月

 ドラゴンゲート5日の後楽園ホール大会でオープン・ザ・ドリームゲート王座次期挑戦者決定戦が行われ、大ベテランの望月成晃(47)がビッグR清水(24)を撃破してベルト奪取に王手をかけた。

 この一戦の勝者が18日の大田区総合体育館大会で同王者YAMATO(35)に挑戦できるとあって、2人は序盤から激しく攻め合った。ゴング前から望月がドロップキックを仕掛けると、清水も巨体とパワーを全開させて応戦。しかし中盤以降、要所で強烈な蹴りを繰り出した望月がペースを握り、最後は集中砲火を浴びせていた右腕に腕固めを決めてギブアップを奪った。

 挑戦権をゲットした大ベテランは「俺はまだまだ引くつもりはない!」と断言。次回がV7戦となるYAMATOの安定した強さを認めながらも「ファンの声が聞こえるんだよ。『安定は面白くない』ってな! イレギュラーを起こすならメチャメチャ若いヤツか、メチャメチャおっさんの俺がお前を倒すしかない!」と宣戦布告を突き付けて大歓声を浴びた。

 同王座の最年長戴冠記録は望月自身が保持している(41歳2か月)。今年年頭には「誰も手が出せない最年長記録を更新する」と新たな目標を立てていた。この日の勝利でその目標にリーチをかけると「若手の象徴と言われたドラゴンゲートの王者に47歳のおっさんがなったらなかなか面白いだろ?」と不敵な笑みを浮かべた。勢いに乗った大ベテランが、新たな金字塔に挑む。