カシン 大仁田に早朝特訓要請

2017年08月18日 16時30分

新凶器を手にするカシン

“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)が17日大仁田に両国国技館での早朝特訓を呼び掛けた。

 カシンは22日王道プロレスの埼玉・狭山市市民交流センター大会で大仁田とタッグを結成。2人は今年5月の超戦闘プロレスFMW北海道ツアーで合体。「はぐれ邪道軍」を名乗っていたが、意外にもタッグ結成は今回が初めてだ。それだけに「そういえば組んだことがなかったな。連絡も取っていない。大丈夫なんでしょうか…」と不安を口にした。

 そこで邪道との合同練習を提案。しかも「東スポを通じてしか大仁田氏と連絡手段がない」というカシンは「8月20日の朝6時30分、両国国技館に来てください。待っています」と一方的に呼び掛けた。

 もうお気づきだろう。カシンは20日DDT両国大会に向け「百田光雄とのシングル戦を朝6時30分に組め」と要求している。そこに邪道を引きずり込もうとしているのは明白だ。早朝の試合に難色を示している百田には「年寄りだから早起きだろう」と本当に失礼なセリフを吐いた。

 最近やけに多忙で「自分でも何が何だかよく分からない…」とカシンは首をひねった。最後は女子レスラーのフェアリー日本橋(年齢不明=大阪女子)から奪ったという新凶器を手に「高木(三四郎=DDT)さーん、秋山(準=全日本)さーん、やり方が汚いです!」と両国大会を控える2団体の社長に謎のメッセージを送り、サッサと姿を消した。