【ドラゴンゲート】YAMATO料理界でも王者に!

2017年08月15日 16時30分

YAMATO

 ドラゴンゲートのオープン・ザ・ドリームゲート王者YAMATO(35)が14日“料理人”としての野望を明かした。

 7月23日の神戸大会で6度目の防衛に成功した直後、望月成晃(47)とビッグR清水(24)から挑戦を表明された。9月5日、後楽園大会で行われる次期挑戦者決定戦の勝者と7度目の防衛戦を行うことになったが「どっちが来ようが全力でブチ倒す」と腕をぶした。

 ベルトを保持して約1年。快進撃を支えるのは王者のまま“料理人”として成功したいという野望だ。YAMATOは高校卒業後に調理師免許を取得。フードコーディネーター3級の資格も保持する。2015年4月からはファッション誌「CanCam」のWeb版で料理の連載を続けており、レシピも50以上になった。料理本を出版する話まで出ているほどだ。

「本を出すと、付随する仕事もいただけると思う。プロレス界の外に打って出るには大きなツールだと。『プロレスラー=ドラゴンゲートの選手』に持っていけるのは僕しかできない」と豪語した王者。新たなレシピを思索しながら、V7戦を見据えていた。