大仁田「オヤジのJr.祭りじゃ~!」

2013年01月11日 16時00分

 オヤジ祭りじゃ。大仁田厚(55)が、レジェンドによるジュニアの祭典を3月から開催することを発表した。

 

 新年1発目の邪道節は意外なほど真面目なものだった。「ジュニアは昔、タイトル戦だけで客を呼んだ。活性化のため、ジュニアに再び光を当てるため、レジェンドの大会をやる」と大仁田はその名も「トップ・オブ・ザ・レジェンド・ジュニア」の開催を宣言した。

 

 参加メンバーには抗争中の初代タイガーマスク、小林邦昭を筆頭にヒロ斎藤、ザ・グレート・サスケ、越中詩郎らいずれもジュニアで一時代を築いた選手をリストアップ。「オジサンにはさすがにシングルはきつい」とタッグリーグ戦になる模様だ。リハビリ中の越中が復帰する3月から大仁田興行や、初代虎のリアルジャパンやレジェンドなど様々なリングで公式戦を開催したいという。

 

 一方、レジェンド1・13後楽園ホール大会でタッグ対戦する初代虎と小林にはやはり、挑発を忘れない。ライバルだった初代虎と小林は初合体となるが「小林さんよ、あんたは虎ハンターじゃろうが。何でタッグを組むんじゃ。年を取ったら人間丸くなったんか?」と悪魔のささやき。「小林さん、アンタはアウトローじゃ。ぜひ邪道軍団に入ってほしい」と黒いラブコールまで送り、タッグを組む矢口壹琅と有刺鉄線バットで虎のマスクをズタズタにした。