吉田沙保里の婿候補はMVPレスラー

2013年01月10日 10時35分

オカダと吉田は最強カップル?

 第39回東京スポーツ新聞社制定「2012年度プロレス大賞」で年間最優秀選手賞(MVP)に輝いたオカダ・カズチカ(25=新日本プロレス)が、何とレスリング特別表彰及び財団法人・東京スポーツ新聞格技振興財団特別賞を受賞した吉田沙保里(30=ALSOK)の“婿候補”に急浮上した。マット界に「金(カネ)」の雨を降らせるレインメーカーと、3度の金メダルと国民栄誉賞を獲得した霊長類最強女王の初対面を、徹底リポートする。

 プロレス大賞授賞式(7日)のスピーチで、オカダは「特にありません…と言いたいところですが、2013年もしっかりとカネの雨を、プロレス界全体にカネの雨を降らせたいと思います」と豪語。プロレス界の歴史を塗り替え続け、史上最年少タイ記録となるMVP受賞まで果たしたオカダは、両手を広げるレインメーカーポーズで勝ち誇った。

 その舞台裏で注目が集まったのが「カネの雨」を降らせるオカダと、五輪で3度の「金」を獲得した吉田の遭遇だ。これまで全く面識がなかった2人はこの日、授賞式前の控室で初対面。吉田が金メダルをオカダの首にかける粋な計らいを見せ、豪華極まりない「ゴールド」なツーショットが実現した。

 すると吉田は「メッチャ格好いいと思います。本当に。ガタイもいいし、男前だし、優しそう」と、大ブレーク中のオカダのイケメンぶりを絶賛した。さらにオカダがコメントを求められた際に発する報道陣泣かせの決めぜりふ「特にありません」の存在を知ると「面白いですね! 今度東スポに聞かれた時、そう答えよう」とこれまた高評価。それはそれで困るが、レインメーカーの株価上昇はここに極まった。

関連タグ: