【新日G1 】みのる格が違う!ジュースを一蹴

2017年07月26日 16時30分

みのる(右)はジュースの左ヒザに集中砲火

【新日本プロレス「G1クライマックス」(25日=福島・郡山大会)Bブロック公式戦】NEVER無差別級王者の鈴木みのる(49)はジュース・ロビンソン(28)を一蹴して2勝目を挙げた。

 

 序盤からジュースの左ヒザを徹底的に痛めつけて主導権を握ったみのるは、パルプフリクション(キルスイッチ)も阻止して張り手を連打。容赦なく顔面を殴ってゴッチ式パイルドライバーで完勝を決めた。格の違いを見せつけた性悪男は「誰にケンカ売ってるんだ。足が痛いなら家に帰って『いい子いい子』してもらえ。ハナから俺の前に立つ資格なんかねえんだ」と勝ち誇った。