【超花火】大仁田&デルフィン「カリスマタッグ」で長与組と電流爆破戦 

2017年07月21日 16時34分

スペル・デルフィン

 超花火プロレス実行委員会は21日、23日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会での邪道・大仁田厚(59)のタッグパートナーがスペル・デルフィン(49=沖縄プロレス)に決まったと発表した。大仁田、デルフィン組は、大仁田とカリスマコンビを結成していた“女子プロ界のカリスマ”長与千種(52)、その愛弟子・彩羽匠(24)のマーベラス師弟コンビと有刺鉄線電流爆破バットデスマッチで激突する。

 

 デルフィンは「思えば28年前にFMW旗揚げ戦に参加させてもらったことが、日本でのキャリアのスタートになった。大仁田さんのおかげで今のスペル・デルフィンがあります。その師匠の大仁田さんの引退直前に、こうしてタッグを組めることをうれしく思う」とコメントした。