【新日G1】ケニー連覇へ! みのるとの王者対決制し白星発進

2017年07月21日 00時00分

片翼の天使炸裂!ケニーはみのるを下し白星発進

 新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」は20日後楽園大会でBブロック初戦を迎え、前年度覇者でIWGP・USヘビー級王者のケニー・オメガ(33)がNEVER無差別級王者・鈴木みのる(49)との王者対決を制し白星発進した。

 王者対決にして、バレットクラブと鈴木軍のリーダー対決は、両軍セコンドが入り乱れる大荒れの展開となった。ケニーはイス攻撃に関節技地獄とみのるの性悪殺法で右ヒザに集中砲火を浴びてしまったが、ゴッチ式パイルドライバーだけは阻止して反撃に出る。

 20分すぎ、右ヒザの痛みをこらえてVトリガー(ランニングニー)2連発を突き刺し、みのるをグロッギーに追い込む。千載一遇のチャンスに片翼の天使(変型ドライバー)を炸裂させ、Bブロック最初の天王山を制してみせた。

 試合後のリング上で大きな「ケニー」コールを受けた前年度覇者は「鈴木は無慈悲な攻撃をしかけてきた。初戦を勝ったことが大事だ。去年のG1では油断してしまって黒星スタートだった。だから今年は初戦から100%でいくと決めていた。このG1は2連覇のためにある。全て、自分のためのものだ」と勝ち誇った。

 BブロックはケニーとみのるにIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカを加えた3人の王者が突破争いの中心と見られている。勝ち点で並んだ場合は直接対決の勝敗が優先されるルールからも、みのるとの公式戦を制した意味は大きい。昨年史上初の外国人覇者となった“ベストバウトマシン”が、最高の形で連覇への道をスタートさせた。