村上和成 定例会で「赤福Boys。」潰し宣言「再起不能にしてやる」

2017年07月11日 15時58分

アイスを食べる村上和成(右)に視線を送る白覆面

 騒動に見舞われるIGFの新ブランド「NEW」を席巻する“平成のテロリスト”村上和成(43)が11日、都内で、すっかり恒例となった村上会の定例会を開催した。

 毎週のように呼び出される報道陣にとって迷惑千万な会も、気がつけばこれが6回目。集合場所に指定された銀座近辺の公園には、ウチワを片手にアイスを頬張る村上の姿が…。もはやテロリストの面影など全くない。

 7日の後楽園ホール大会で村上会(村上、佐藤耕平組)が快勝した「赤福Boys。」(奥田啓介、定アキラ組)について「アイツらチビってるのか?って思うぐらいビビってたな。口ほどにもないとはまさにこのこと。ひと言でいえば『クソ』。お客さんに対しても俺らに対しても失礼なヤツらだ」と吐き捨てた。

 エースだった鈴川真一(33)の退団によりNEWの新エースとして期待された2人だが、論外だったという。にもかかわらず、15日の愛知・岡崎市竜美丘会館大会では白覆面4号とのタッグで、翌16日の三重・メッセウイング・みえ大会では白覆面5号と組んで、再び「赤福Boys。」と対戦することが決まった。

 これについて「勝手に発表されたからには潰しにいく。15日に『もうプロレスは辞めます』と言わせるくらい再起不能にしてやるよ。だから16日は白覆面と伊勢神宮に参拝に行くから、試合はしないから。ヒーヒッヒヒ」と不気味な笑い声を上げた。

 この日の村上はやたらと冗舌で、団体を取り巻く“騒動”についても言及。「NEW」の名称やコンセプトが変更される可能性があることについて「NEWが終わったなら、マスコミさんも交えてみんなで考えればいい。村上会でもいいし、命名権を募集してもいい」と思いつきで提案。

 さらに7日の後楽園大会に来場を呼びかけていた鈴川が姿を現さなかったことについて「来たかったかもしれないけど、来られない何かがあるんじゃないか!? 自分を売るには最高のステージだったのにな」と話すと「じゃあ、また来週! ヒーヒッヒヒ」と言い残して姿を消した。