近藤修司 師弟対決制しジュニア2冠王者に

2013年01月03日 14時00分

全日本プロレスの新春シリーズが2日、東京・後楽園ホールで開幕。近藤修司は大和ヒロシを下し、自身が保持するGHCジュニア王座に加え世界ジュニアのベルトも獲得。史上初の2冠王者に輝いた。

 

 師弟対決となったダブルタイトル戦を制したのは、師匠の近藤だった。近藤は大和の首に集中攻撃。終盤、頭突きやジャーマンで食い下がる大和の動きをカウンターの首折り弾で止め、渾身のキングコングラリアートでトドメを刺した。


 試合後“GHCは格下”と言わんばかりに、世界ジュニアベルトを高々と掲げた近藤。GHC王座にはノアの石森太ニが奪還を名乗り出ており、近藤は「統一はしない。こっち(世界ジュニア)は置いといて、次は石森」と早くも次の戦いを見据えた。