「森嶋猛対KENTA」これぞノア

2013年01月03日 19時30分

「大阪府立体育会館名勝負10選」
☆2位=森嶋猛対KENTA戦(ノア=2012年9月17日)

 森嶋はGHCヘビー級王者として今年のノアマットをけん引。何かと暗い話題が続いた箱舟マットで「やる気、元気、モリッシー」をキャッチフレーズに、明るく激しく暴れ回る。年間V8を達成した怪物王者は実に頼もしい存在だった。

 対するKENTAは昨年7月に膝の負傷から復帰。復帰戦こそ丸藤に敗れたものの、約7か月ぶりにリングへ戻ってきた蹴撃戦士をファンは熱烈に歓迎。その後押しもあって復帰からわずか2か月で、KENTAはGHC挑戦権をつかみ取った。

 そんな両者による一戦は、これぞノアといった名勝負になった。体格差をものともせずに、KENTAは対ヘビー級戦士用の新兵器・ゲームオーバーで王者に肉薄。しかし挑戦者の全てを受け止めた森嶋は必殺のバックドロップでKENTAを粉砕。ノアの中心たる強さを見せつけ、V5に成功した。

 ここで敗れたKENTAだが、昨年11月にグローバル・リーグ戦を制覇し、再び森嶋への挑戦権を得た。1月27日、舞台は同じ大阪・ボディメーカーコロシアム。新春の浪速でKENTAが新時代の扉を開けるか。