ノア参戦のブラム アイス売り場に寝そべる不謹慎写真で出場停止処分

2017年04月26日 16時22分

ブラム(右)の処分を発表した内田雅之会長

 プロレスリング・ノアは26日、都内の事務所で緊急会見を開き、「グローバルタッグリーグ戦」に出場中の外国人選手、ブラム(30)を出場停止処分にしたと発表した。

 ブラムはじゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)大会に出場した24日、市内のコンビニ店内のアイス売り場で仰向けに寝そべる写真を撮影。それをインスタグラムにアップした。SNSを通じて拡散し、25日夜に団体側もファンからの指摘で把握したという。

 ノアの内田雅之会長(55)は、ブラムを27日の栃木県総合文化センター大会から出場停止にし、ロビー・E(33)とのコンビで出場していた残る公式戦は不戦敗とすることを発表。その上で「関係各位の皆さまに多大なご迷惑をかけ、不快な思いをさせてしまったことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 また同席したブラムも「大変申し訳ございませんでした。ノアの決定を真摯に受け止め、心からおわび申し上げます」と神妙な表情で話した。今後は早急に選手、社員へのSNS講習会を開く予定で「再発防止に努めてまいります」と内田会長は話した。また現場となったコンビニ店の本部と、今後の対応について協議しているという。

 英国出身のブラムは2003年にデビュー。身長190センチ、体重105キロのヘビー級選手としてTNAマットで活躍し、今回が初来日だった。