【新日1・4ドーム】NEVER6人タッグはSANADA組が制す

2017年01月05日 16時30分

新王者となった(左から)SANADA、BUSHI、EVIL

 NEVER無差別級6人タッグ選手権は、LIJのSANADA、EVIL、BUSHI組が4チーム参加のガントレットマッチ(勝ち抜き戦)を制して第9代王者に輝いた。先に入場したCHAOS、バレットクラブの2チームが脱落し、最後に登場したのは王者の小島聡、リコシェ、デビッド・フィンレー組。これが2試合目となったLIJだったが、抜群の連係で小島を孤立させると、BUSHIが毒霧を噴射する。最後はEVILがダークネスフォールからEVILを決めて変則王座戦に終止符を打った。

 

 ベルトを手にしたBUSHIは「俺たちの実力を試すのにちょうどいい。どのユニットでも、いつでもいい。なんなら明日(5日、後楽園)防衛戦をやってもいいぞ」と勝ち誇った。