【プロレス大賞】レスリング特別表彰 登坂世界5連覇へ弾み

2016年12月14日 16時20分

リオ五輪で金メダルを獲得し、ガッツポーズの登坂

 2016年度プロレス大賞レスリング特別表彰は、8月に行われたリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した女子48キロ級の登坂絵莉(23=東新住建)、同58キロ級の伊調馨(32=ALSOK)、同63キロ級の川井梨紗子(22=至学館大)、同69キロ級の土性沙羅(22=同)の4人に贈られる。

 

 リオ五輪で登坂は日本女子の先陣を切って五輪金メダルを勝ち取り、メダルラッシュへ弾みをつけた。

 

 レスリング特別表彰には「4度目ですよね? こんなに連続でいただけるとは思っていなかったのでうれしいです。この賞を励みにまた(世界選手権と五輪を合わせ)5連覇を目指して頑張りたいと思います」と声を弾ませた。

 

 リオ五輪後は左足親指の故障に苦しみ、21日からの全日本選手権は欠場する。来年の世界選手権を目指し、まずは最適な治療を施し万全な体調を取り戻す。