【新日本「ワールドタッグL」】台風の目となるか ヨシタツ組が開幕から連勝

2016年11月23日 16時30分

ビリー・ガン(右)とヨシタツ

 新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」22日石川・金沢大会でヨシタツ(39)、ビリー・ガン(53)の元WWEコンビが真壁刀義(44)、本間朋晃(40)組を撃破して開幕2連勝を飾った。

 

 連係では圧倒的に前年度覇者の真壁組に劣った2人だったが、ビリーが驚異のパワー殺法で敵軍を分断。本間に狙いを定めるとカウンターのブーツからフェイマサー(変型顔面砕き)で3カウントを奪った。

 

 即席コンビにもかかわらず、ほとんど1人で2連勝を引き寄せたビリーには、にわかに「最強説」が流れ始めている。ヨシタツは「最初に連勝すると息切れするとか、俺たちにはないから。ビリーも『俺とヨシのコンビは試合を重ねるほど良くなる』と言ってるしね」とニヤリ。結成から実に半年以上も鳴かず飛ばずだったハンタークラブだが、超強力な援軍を得たリーグ戦で一躍台風の目となれるか。

 

 またCHAOSの後藤洋央紀(37)、石井智宏(40)組とロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADA(28)、EVIL(29)組もそれぞれ連勝発進。Bブロックは3チームが首位タイに並んでいる。