【新日本「ワールドタッグL」】台風の目だ!ROHコンビ連勝発進

2016年11月21日 16時30分

ロウ(手前)がロビンソンを抱え上げ、コーナーからギロチンドロップを見舞うハンソン(右)

 新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」20日高崎大会で、米ROHから初参戦のレイモンド・ロウ(32)、ハンソン(32)の「ウォーマシン」も棚橋弘至(40)、ジュース・ロビンソン(27)組を下し連勝発進した。

 

 合体ネックハンギングボムからの合体ギロチン「フォールアウト」でロビンソンを沈めた2人は「俺たちはこのリーグ戦を乗っ取りに来た。俺たちが最高のチームなんだ」と豪語。怪力コンビがリーグ戦の台風の目になりそうだ。