【UFC】コナー・マクレガーが偉業 史上初の2階級同時戴冠

2016年11月14日 16時30分

中量級最強を証明したマクレガー(ロイター=USA TODAY Sports)

【ニューヨーク12日(日本時間13日)発】「UFC205」が当地のマジソンスクエア・ガーデンで開催され、フェザー級王者のコナー・マクレガー(28=アイルランド)が、ライト級王者のエディ・アルバレス(32=米国)に挑戦して2R3分4秒、TKO勝ち。UFC史上初めて2階級同時戴冠の偉業を達成した。

 

 開始から打撃で優位に立ったマクレガーは、2R終盤に強烈な左右フック4連打でアルバレスをブッ倒す。そのままパウンドで追撃したところをレフェリーが止めた。圧倒的な強さで2階級を制覇したマクレガーは、2本のベルトを肩にかけながら「これがやりたかった。最高の気分だ」と勝利の雄たけびを上げた。

 

 またウエルター級王者のタイロン・ウッドリー(34=米国)は、スティーブン・トンプソン(33=米国)と判定0―1で引き分けて王座防衛。女子ストロー級王者のヨアンナ・イェンドジェイチェク(29)は、判定3―0でカロリーナ・コバケビッチ(31=いずれもポーランド)を下して王座防衛に成功した。同大会の模様はFOXスポーツ&エンターテイメントで19日午後10時から放送される。