秋山激怒&カシン平身低頭…合同トレはグダグダに

2016年11月12日 16時30分

大怪獣モノとモグラ男(中)の乱闘に秋山(右)もぼう然

 27日の全日本プロレス東京・両国国技館大会で初タッグを結成する秋山準(47)と“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)が11日、横浜市内の全日本道場で異例の公開練習を行った。

 

 再結成されるGET WILD(大森隆男、征矢学組)との対戦を前に、コミュニケーション不足を不安視した秋山の呼び掛けで実現したもの。「困惑してます…」とよく分からない意気込みを語ったカシンがリードする形で、トレーニングが開始された。ところが後方にはなぜか井上雅央(46)に酷似したモグラ男が待機…。さすがの秋山も「これは何なんですか?」と問いただすが、カシンは素知らぬふりだ。

 

 その時だ。突然、カシンに奪われた卵を取り返すために、大怪獣モノがやってきたのだ。カシンは「卵はもうかえった! これが息子だ」とモグラ男を指さすが通じず、モノとモグラが大乱闘。もはや収拾がつかない状態になり、これには秋山も大激怒だ。カシンは平身低頭で「スミマセン。お納めください」と、「レインメーカードル」を渡して逃げ去った。

 

 秋山は「いい化学反応を起こすと思ったけど、選択ミスか!? どう見ても不安…」といまさらながら後悔の念がある様子。しかも2人で「世界最強タッグ決定リーグ戦」(12月3日、仙台で開幕)出場も決まり「カシンも本番はやるでしょう」と強調したが、不安を抱えたまま始動することになった。