【OZアカデミー】尾崎魔弓が盟友・ダイナマイト関西と20年ぶりタッグ

2016年11月11日 16時30分

20周年記念大会へ決意を新たにした尾崎魔弓

 女子プロレス「OZアカデミー」を主宰する尾崎魔弓(48)が10日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪問。結成20周年記念大会(13日、横浜文化体育館)をPRした。

 

 尾崎は12月11日のOZ後楽園大会で引退するダイナマイト関西(46)と約20年ぶりにタッグを結成。山下りな(27)、雪妃魔矢(年齢非公表)組と対戦する。ともに1986年にジャパン女子でデビューした盟友とは最後のコンビとなる。「30年間一緒にいたので、関西のいないレスラー人生なんて想像できない。私はもう少し現役を続けますけどね(笑い)」

 

 今回は各団体から28選手が出場する“オールスター戦”。舞台装置と花道だけでも約1000万円の費用をかける。「赤字です。でも今の若い人に対抗戦全盛時代の華やかさを経験してほしかった。そこは私のこだわり」と尾崎は力を込めていた。