【新日本5日・大阪】NEVER新王者EVILに柴田がリマッチ要求

2016年11月07日 16時20分

柴田(左)をイス攻撃で葬ったEVIL

 NEVER無差別級選手権は、挑戦者のEVIL(29)が柴田勝頼(36)を撃破して第13代王者に輝いた。

 

 スリーパーホールドからの投げ捨て式ハーフネルソンスープレックスで大ダメージを負ったEVILだったが、場外で奪ったベルトで王者を殴打し反撃。さらにはレフェリー不在のリング上でイス攻撃を見舞う暴挙に出る。最後は急角度のフィッシャーマンバスターからのEVIL(変型大外刈り)で大番狂わせを起こしてみせた。

 

「暗闇のどん底に突き落としてやったぞ…。全てはEVILだ」と勝ち誇る新王者に対し、柴田は「納得しないでしょ。こんなやり方で…。これまで言ったことなかったけど、あるなら使わせてもらう。リマッチできるんだろ? させてもらわないと、後味が悪すぎる!」と要求。V1戦での再激突が濃厚になった。