藤波が4・20デビュー45周年大会

2016年10月31日 16時30分

 藤波辰爾(62)が主宰するドラディションが29日、東京・後楽園ホールで「日本ネパール外交関係樹立60周年記念大会」を開催した。

 

 藤波はセミのタッグ戦に加え“ネパールの力道山”ことヒマラヤン・タイガーとのエキシビションマッチも敢行。5分間の濃密なレスリングを披露して「次はネパールで戦いたい」と再戦をアピールした。昨年にはネパール国立競技場での興行に参加予定だったが、同年4月に発生した地震の影響で中止となった。それだけに「時期が来たら日本の選手を連れて行きたい。向こうで選手も育つんじゃないか」との意思を明かした。また来年4月20日には後楽園でデビュー45周年記念大会を行うことを明かし、ビッグバン・ベイダーを招くプランもぶち上げた。