【ディアナ】Sareee「夢の地上波復活へ打倒・世志琥です」

2016年10月30日 10時00分

“女子プロレス地上波復活”の夢にまい進するSareee

【We are U―23女子プロレス代表】Sareee(ディアナ)

 こんにちは! ワールド女子プロレスディアナのSareeeです☆ 今回は私の「夢」についてお話ししたいと思います!! すべてプロレスに関することです。まず14歳の時に憧れていたプロレス界に入り、15歳でプロデビュー。これで1つ目の夢をかなえることができました☆

 でも、まだまだ大きな夢に向かって頑張ってる最中。私には女子プロレスの地上波放送を復活させたいという夢があります。生まれたのは1996年3月なので、残念ながら地上波で見たことがありません。ディアナの先輩、井上京子さんや伊藤薫さんからは、全日本女子プロレス時代は毎週のように放送があって、多くの方が女子プロのことを知り、ファンになったと聞きます。

 一緒に町を歩く先輩たちが声をかけられる姿を見て、テレビの影響力は大きかったんだなと感じます。だから今の女子プロも、まず多くの方の目に触れてほしいのです。じゃあ私に何ができるか? 強くなって、有名になることです! そして私の力で女子プロをもう一度メジャーな存在に変えたい。道のりは険しくても、目標があればくじけません。

 まずやるべきことがあります。10日の品川大会では同期の世志琥(23=シードリング)に負け、これで彼女には2連敗。知名度が高く、メディアにも多く取り上げられる世志琥にはジェラシーがあって、悔しくてたまりません。次やって負けたら「私にはもうトップに立つ資格はない」「プロレスを続けることは許されない」くらいの覚悟を持っています。応援よろしくお願いします!

 ツイッター(@1996Sareee)もフォローしてくださいね☆