新GHC王者・中嶋勝彦 11・3開幕「グローバルリーグ戦」必勝誓う

2016年10月24日 17時00分

一夜明け会見を行った中嶋勝彦

 ノアの新GHCヘビー級王者・中嶋勝彦(28)が24日、東京・有明のノア事務所で一夜明け会見を行った。

 

 前日(23日)の横浜大会で杉浦貴(46)を撃破し、同王座4度目の挑戦で初戴冠を果たした中嶋は「鈴木軍の杉浦貴から取れたのは大きいし、ノアにとっても大きな一日になったんじゃないかと思う。昨日から新しい時代が動きだしたので、1分1秒を俺たちのものにしたい。やっと手に入れたベルトですが、もうボクは次を向いている」と語った。

 

 王者として最初の責務は「グローバルリーグ戦2016」(11月3日、後楽園ホールで開幕)の優勝だ。この日、出場メンバーが発表され、Aブロック(中嶋、マイバッハ谷口、齋藤彰俊、クワイエット・ストーム、矢野通、鈴木みのる、飯塚高史、ランス・アーチャー)とBブロック(丸藤正道、モハメド・ヨネ、潮崎豪、マサ北宮、清宮海斗、杉浦貴、デイビーボーイ・スミスJr.、アレハンドロ・サエス)の2ブロック制で行われることが決まった。

 

「ノアの選手がほとんどなので、自分が言っていたノア内の活性化というものがやっと会社に届いたのかなと思う。その中でチャンピオンとしてしっかり心に残るプロレスをして勝ちたい」と決意を述べた新王者は、早くも次なる戦いに目を向けた。